• ホーム
  • 新着情報
  • 小規模事業者持続化補助金制度の一部改正(拡充)について(2020.5.22改正分)
新着情報
小規模事業者持続化補助金制度の一部改正(拡充)について(2020.5.22改正分)

現下の新型コロナウイルス感染症の関係により、補助内容が拡充されました!

※新たに、感染防止対策の定額補助が新設されました。

 事業再開枠( 一般型、コロナ特別対応型)感染防止対策として、定額(上限 50 万円) を 上乗せ補助されます。

 対象者となる小規模事業者持続化補助金採択者に対し、個別に申請書が補助金事務局より連絡が入ります。

 下記改正概要2に記載のとおり

 

◆改正後の公募要領  一般型(第5版)コロナ特別対応型(第3版)  (文字をクリックすると開きます)

 

改正概要

1.補助率の引上げ (コロナ特別対応型)
  一部の実施類型の補助率引き上げ
 ①類型A :サプライチェーンの毀損 【補助率 2/3 のまま変更なし】
  ・外部調達が困難になったため内製化するなど
 ②類型B :非対面型ビジネスモデルへの転換 【補助率 2/3 ➡ 3/4 へ引き上げ】
  ・店舗販売をしている事業者が、新たにEC 販売、テイクアウトに取り組む
  ・無人レジで対応する、窓口の無人化 など
 ③類型C :テレワーク環境の整備 【補助率 2/3 ➡ 3/4 へ 引き上げ 】
  ・WEB 会議システムの導入、勤怠管理・勤務管理システムの導入 など
 
 ●既に申請をしている事業者についても、採択後、 遡及して適用します
 ●補助上限額:100 万円は変更なし
 
2.感染防止対策の定額補助 事業再開枠: 一般型、コロナ特別対応型)
  感染防止対策として、定額(上限 50 万円) を 上乗せ
 
   持続化補助金(一般型)+定額の感染防止対策
   持続化補助金(コロナ特別枠)+定額の感染防止対策
 
 ●補助金の対象となるもの ※5 月 14 日以降の取組が適用
  ○消毒設備(除菌剤の噴霧装置、オゾン発生装置、紫外線照射機等)の購入、消毒作業の外注、消毒液・アルコール液の購入
  ○マスク・ゴーグル・フェイスシールド・ヘアネットの購入
  ○清掃作業の外注、手袋・ゴミ袋・石けん・洗浄剤・漂白剤の購入
  ○アクリル板・透明ビニールシート・防護スクリーン・フロアマーカー の購入、施工
  ○換気設備(換気扇、空気清浄機等)の購入、施工
  ○クリーニングの外注、トイレ用ペーパータオル・使い捨てアメニティ用品の購入 、従業員指導等 のための専門家活用、
   体温計・サーモカメラ・キーレスシステム・インターホン・コイントレー・携帯型アルコール検知器の購入
  ○ポスター、チラシの外注・印刷費(従業員又は顧客に感染防止を呼びかけるものに限る)
 ※消耗品(下線)は、補助 対象期間に購入 及び 使用したものに限ります。なお、「受払簿」 等によって 、 購入日、購入量、使用日、 使用量 等を管理する必要があります。
 
 ○定額部分は、総補助金額の 50 %まで(補助金の額の 2 倍までで、かつ、 50 万円以下)
  例①)一般型        30 万円だとしたら 定額部分 30 万円       合計 60 万円
  例②)コロナ特別枠      70 万円だとしたら 定額部分 50 万 円 (上限 )  合計 120 万円