• ホーム
  • 新着情報
  • 令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>公募について
新着情報
令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>公募について

小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>の公募が公開されました!

 

※但し、一般型の小規模事業者持続化補助金との二重採択となった場合は、いずれかの採択を辞退する必要があります。

 

一般型との違いについて!

1,補助率は2/3で変更なしですが、補助上限額が100万円に引き上げられました。

2,補助対象事業

 ・基本的な地道な販路開拓の取組については変更はありません

 ・補助対象経費の1/6以上が、以下のいずれかの 要件に合致する投資であること。

  A:サプライチェーンの毀損への対応
   顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと
  B:非対面型ビジネスモデルへの転換
   非対面・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設備・
   システム投資を行うこと
  C:テレワーク環境の整備
   従業員がテレワー クを実践できるよ うな環境を整備すること
  ※補助対象期間内に、少なくとも1 回 以上 、 テレワークを実施する必要があります。
3,新型コロナウイルス感染症の影響で売上が20%以上減少された採択事業者には、補助金の概算払い制度ができました。
4,今回の「コロナ特別対応型」では、遡及適用ありとなりました。
 
 
 
詳しくは、公募要領で確認下さい。「公募要領」はこちらをクリック
 
●事業目的(コロナ特別対応型公募要領20P)

 小規模事業者等が今後相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者が取り組む販路開拓等の取り組みの経費の一部を補助することで、地域雇用や産業を支える小規模事業者の生産性向上と持続的発展を図ることを目的としています。

 更に、新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために前向きな投資を行いながら販路開拓等に取り組む事業者への重点的な支援を図ります。

●補助対象事業者(コロナ特別対応型公募要領20P)

 小規模事業者であること、詳細は公募要領を確認してください

●補助対象事業(コロナ特別対応型公募要領24P)

 策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な 販路開拓等(生産性向上 のための取組 であること。 あるいは、販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。

●複数事業者による共同申請 の場合には、連携する全ての小規模事業者等 が関与する事業であること。(コロナ特別対応型公募要領26P)

●補助対象経費(コロナ特別対応型公募要領26P)

 

 

公募要領、申請書式、記載例等は以下の文字をクリックすると開きます

ダウンロードも可能ですので、ご活用下さい

 

◆コロナ特別対応型公募要領【第1版】

公募要領【第1版】

 

◆申請書

申請様式1単独申請様式2共同申請様式4単独・共同共通申請様式5(概算払申請)

 

◆申請書に添付する参考様式(必要に応じて)

参考様式1_新型コロナウイルスによる売上減少証明書(補助金の概算払いを希望する場合)

 

●申請者の採択審査について

 申請書提出後、補助金事務局で審査を実施します。

 審査の観点はコロナ特別対応型公募要領39Pを参照ください

 審査は加点審査を行います。

●加点審査について(コロナ特別対応型公募要領39Pを参照ください)

 

◆申請用提出資料について(コロナ特別対応型公募要領47P)

その他、詳細につきましては、公募要領を確認の上、申請をご希望の方は、芽室町商工会へご相談ください。