• ホーム
  • 新着情報
  • 令和元年度補正予算小規模事業者持続化補助金公募の一部変更について
新着情報
令和元年度補正予算小規模事業者持続化補助金公募の一部変更について

令和元年度補正予算の小規模事業者持続化補助金公募要領が更新され第4版が公開されましたのでお知らせ致します

 

第3版からの改正点

 補助額上限引き上げについて改正になりましたので、新旧対照表をご確認下さい。こちらをクリックで表示します

 

●小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者等が地域の商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3の補助を受けられます。

補助上限額:50万円(申請内容により100万円に引きあがること有)

詳細につきましては、別紙公募要領【第4版】を参照ください

 

●事業目的(公募要領26P)

 小規模事業者等が今後相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者が取り組む販路開拓等の取り組みの経費の一部を補助することで、地域雇用や産業を支える小規模事業者の生産性向上と持続的発展を図ることを目的としています。

 

●補助対象事業者(公募要領26P)

 小規模事業者であること、詳細は公募要領を確認してください

 

●補助対象事業(公募要領30P)

 策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な 販路開拓等(生産性向上 のための取組 であること。 あるいは、販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。

 

●複数事業者による共同申請 の場合には、連携する全ての小規模事業者等 が関与する事業であること。(公募要領32P)

 

●補助対象経費(公募要領33P)

 

 

公募要領、申請書式、記載例等は以下の文字をクリックすると開きます

ダウンロードも可能ですので、ご活用下さい

 

◆公募要領【第4版】

公募要領【第4版】

 

◆申請書

申請様式(単独・共同共通様式)申請書記載に関するポイント説明

 

◆申請書記入例

様式1-1_申請書(単独)_記入例.PDF様式2-1_経営計画書兼補助事業計画書①(単独)_記入例.PDF様式3-1_補助事業計画書②(単独)記入例.PDF

様式3-2_補助事業計画書(共同)記入例.PDF様式5_交付申請書記入例.PDF

 

◆申請書に添付する参考様式(必要に応じて)

参考様式1_賃上げ表明書(給与支給総額)参考様式2_賃上げ表明書(事業場内最低賃金)参考様式3 新型コロナウイルスによる売上減少証明書参考様式7.8 特定創業支援等事業に係る確認申請書、確認書

 

 

 

●補助額上限引き上げについて(公募要領43P、5,補助率等に記載)

 ①産業競争力強化法に基づく「認定市町村による特定創業支援等事業の支援」を受けた小規模事業者については、補助上限が100万円に引きあがります

 ②法人設立日が2020 年1月1日以降である会社(企業組合・協業組合を含む)、または税務署に提出する開業届に記載されている開業日が 2020 年1月1日以降である個人事業主については、補助上限が 100 万円に引き上がります。

 

 

●申請者の採択審査について

 申請書提出後、補助金事務局で審査を実施します。

 審査の観点は公募要領53Pを参照ください

 審査は加点審査を行います。

●加点審査について

 ・新型コロナウィルス感染症加点:①売り上げ減少10%以上発生の事業者が該当します(公募要領47P)

                 ②従業員・役員が罹患

 ・従業員の賃上げ等に積極的に取り組んでいる事業者:①給与支給総額増加、②事業場内最低賃金引上げの2種類

 ・事業承継加点:申請受付締め切り日を基準日に代表者の年齢が満60歳以上の事業者で、かつ、後継者候補が補助事業を中心になって行う場合

 ・採択審査時に「経営力向上計画加点」の付与を希望する事業者

 ・採択審査時に「地域未来牽引企業等加点」の付与を希望する事業者

 

その他、詳細につきましては、公募要領を確認の上、申請をご希望の方は、芽室町商工会へご相談ください。