新着情報
消費税10%への引き上げの準備は大丈夫ですか?

2019年10月1日より予定されている「消費税10%」への増税について、今回の消費税の増税では「軽減税率制度(対象品目は8%)」が導入されます。

「軽減税率制度」により、複数の消費税率を取り扱うことが発生します。

また、「軽減税率制度」の実施にあたり、簡素な方法による「区分記載請求書保存方式」を実施した後、2023年10月から「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」へ移行するなど、事業者の皆さまの準備を考慮して一定の準備期間が設けられていますが、「軽減税率制度」と請求書等の保存方式について理解を深めて頂く事が必要です。

「軽減税率制度」では、消費税率が2つになるため、事業者の皆さまは、「適用税率ごとに区分した消費税額の計算」や、「商品ごとの適用税率及びその合計額を記載した請求書等の発行」といった新たな事務作業が発生します。

国では、こうした事務の繁雑さをサポートする意味で「複数税率対応レジの導入など」等を行う際に必要な費用の一部を補助する「補助金」を公募しています。

 

ここに、「消費税軽減税率まるわかりBOOK」(中小企業庁:2018年3月版)を掲示しますので、是非、早めの御理解とご対応を進めていただきますようお願いいたします。

ご不明な事、ご質問などは、当会までご連絡下さい

 

「消費税軽減税率まるわかりBOOK」はこちらからダウンロードいただけます